ジェトロと万博協会が国際シンポ、「SDGs推進を」

日本貿易振興機構(ジェトロ)と2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の運営主体「日本国際博覧会協会」は3日、万博への期待と関西の可能性について有識者らが議論する国際シンポジウムを開いた。ジェトロの佐々木伸彦理事長は主催者あいさつで「大阪・関西万博を日本企業が国際ビジネス機会と捉え、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて推進できれば」と期待を述べた・・・

(2021.3.4日経新聞)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です